フレームテントの組立て

初めてフレームテントを手にする方はどうやって立てたらいいのだろう、と悩むかもしれませんが、コツを掴めば大丈夫!フレームテントはポップアップテントと違い、頑丈な骨組部分から先に組み立てます。

当店で購入したテントのフレームには、すでに接続部分にマーキングがしてあります。同じ色のテープでマーキングされたポールや、同じ数字がマーキングされている部分を接続することで、簡単にフレームを組み立てることができるので、もう悩む必要ありません!何度か立てれば、大型幕も一人でも立てれるようになります。

1.テントを張る場所の選定

降雨時に水がたまらないような場所を選び、整地します。大小の石、ガラスの破片などを綺麗に取り除きましょう。

そして、どちらに入り口を持ってくるかを確認します。風向きを調べ、入り口を風下に向けれるように建てると風抜けが良く過ごしやすいです。

2.天井部フレームの組立て

フレームテントの組立て方2

まずは天井部分から組立てていきます。ひさしの接続部分がある方が前方になるので、そのように配置しましょう。

ジョイントスプリングが付いている部分を接続、またプッシュボタンが付いている部分は、穴が空いている部分と接続します。

3.足の接続

フレームテントの組立て方2

次は屋根に足を接続します。6の工程で足を立てるので、この時はまだ足は折り曲げた状態にしておきましょう。

4.幕をかぶせる

フレームテントの組立て方4

足を折り曲げた状態のまま、フレームに幕を被せていきます。この時、幕の前後・表裏が逆になっていないか注意してください。

5.ひさしを接続

フレームテントの組立て方5

屋根部分に幕をかけ終わったら、ひさし部分のポールを接続し、ひさし部分にも幕をかけます。

6.足を立てる

フレームテントの組立て方6

1人で設営する場合は片側から順に足を立てていきます。2人以上で接続する場合は、【前→後→中→ひさし】の順番で足を立てていきます。

順序良く足を立てていかないとポールにテンションがかかってしまい、曲がってしまうことがありますので、十分に注意して行いましょう。

7.幕の調整、ペグの打ち込み

フレームテントの組立て方7

幕のずれやたるみを調整し、幕の裾部分に備え付けられている輪にペグを打ち込みながら幕を張っていきます。

ペグは地面に対して45°の角度で打ち込むと抜けにくくなります。

8.キッチン部の組立て

幕が完成したら、キッチン部分を組立てます。

9.インナー、カーテン、天幕の取り付け

フレームテントの組立て方9

インナー、天幕に備え付けられているS字金具をポールに取り付け、幕に備え付けられているカーテンレールにカーテンを取り付けます。

10.外側ペグの打ち込みをして完成

フレームテントの組立て方10

これで最後の工程です。風や雨のの侵入を防ぐため、外側スカート部分をペグで止めましょう。先ほど同様、ペグは地面に対して45°の角度で打ち込みましょう。