フレームテントのお手入れ

当店で出品するヴィンテージテントは、全てクリーニングと簡単なメンテナンスを行っています。ヴィンテージテントを敬愛する当店は、お客様が貴重なヴィンテージテントを長く、いつまでも使い、継承していってくれることを願っています。

そして希少価値の高いヴィンテージテントを長く愛用するためには、お手入れが大切です。その中でも特に重要なのは、コットン幕を完全に乾かして仕舞うことです。

テント撤収時には、コットン幕に新たな汚れや破れはないか、フレームが曲がってしまったところがないかなど、テントを使用した後は必ず状態を確認しておきましょう。そして、また次のシーズンにも楽しくキャンプができるよう、シーズンオフの間にメンテナンスを行いましょう。

このページでは、フレームテントのお手入れ方法や修理について説明していきます。

また、当店では修理サービスを提供しています。詳しくは、「テントのカスタムとメンテナンスについて」のページをご覧ください。

1.コットン幕を乾燥させるには

フレームテントの扱いで一番難しいところが、コットン幕の扱いです。テントに使われているキャンバス生地は、水に強く、雨が降っていてもテントの中に雨が漏れることはありません。しかし、保存するときには、幕の水分を完全に飛ばさないと、カビ、異臭、劣化の原因になります。

コットン幕には、殺菌効果もある「天日干し」で乾かすのが一番良い方法です。できれば、フレームを組み立てて、上にかけた状態で乾かすのが最適です。

Q: そうはいっても撤収時に雨が降っていて、幕が濡れたまま退去する場合もある。そんな時にはどうすればよいのか。

フレームテントを購入されたお客様からの質問で一番多い質問です。雨が降っている場合はもちろん、夜露で撤収時にコットンがまだ湿っている場合もあります。

もし、冬のキャンプでストーブをお持ちでしたら、撤収前に幕の中でストーブを焚いて、しっかりと乾かしてから仕舞うことをお勧めします。

雨などで幕が完全に濡れている場合は、家に帰ってから、できるだけ早めに広げて干してください。次の日に天気が良ければ、広い場所、例えば、庭や公園にグラウンドシートなどを広げ、その上に幕を広げて置いて、天日で乾かすと良いでしょう。

また、家に風通しの良い物置やガレージなどがあれば、そこでもOKです。完全に乾くまで2-3日干しておきましょう。

そのような場所がない場合や家に帰っても天気が悪い場合などは、室内でストーブを使って完全に乾燥させましょう。

熟練キャンパーたちは、家に帰るまでの道のりでいい場所があれば、そこにストップして、幕を2-3時間天日で乾かしてから家路につきます。道の駅でストップしてる間に乾かすのも良い方法ですね。

2.コットン幕の汚れを取るには

コットン幕が泥などで汚れてしまった場合は、ブラシを使って水洗いしてください。洗剤などの溶剤は絶対に使用しないでください。溶剤は幕の劣化を早めます。

3.コットン幕に破れが見つかった場合

ナイロンとは違い、コットン(布地)に接着剤は御法度です。コットン幕の破れには、当て布を縫合する以外に処置ができません。自分で補修する場合には、破れ箇所に当て布を当てて縫いつけますが、キャンパス生地は丈夫で強い生地なので、結構大変な作業です。

当店では破れ目を補修するサービスをおこなっていますので、お気軽にご連絡ください。

テントの修理とカスタマイズサービス

4.フレームが曲がってしまった場合

フレームテントを組み立てるときや撤収時に、ある部分に大きな圧がかかるとフレームが曲がってしまう場合があります。残念ながら、これを自力で修理することはとても難しいでしょう。

当店ではフレームの修理、製作サービスをおこなっています。場合によって最適な修理方法が違うため、一概に値段を出すことはできませんが、ご相談いただければ見積もりを出せます。

テントの修理とカスタマイズサービス

5.テントがなぜか傾いている

フレームの足を折り曲げる部分に内蔵されているジョイントスプリングが伸びている可能性があります。伸び切ったスプリングをを放っておくのは非常に危険で、フレームの強度、および幕の保護に悪影響です。 新品のスプリングに交換することによって、 設営、撤収時の事故を未然に防ぐことができます。

当店オリジナルの新品のスプリングを購入いただき、ご自分で修理することもできますが、当店がお客様のフレームを預かって交換するサービスも行っています。

テントの修理とカスタマイズサービス

6.カスタマイズについて

何度かキャンプしているうちに、「こうなっていたら便利なのに、、、」なんて希望が出てきた場合には、ぜひ当店へご相談ください。

  • 横にもファスナー付きの入り口を作りたい
  • こちら側にも窓を付けたい
  • 跳ね上げウォールを付けたい
  • 風よけのスカート部を付けたい
  • 新しいカーテンレールを付けたい
  • 新しいカーテンで模様替えしたい

当店では、様々なビンテージテントを扱ってきました。当店オリジナルのテント制作の実績もあります。ビンテージテント専門店、パジャマムーンでの経験で育んだ知識で、お客様の希望に合う最適な手法を提案をすることができます。まずは、お気軽にご相談ください。

テントの修理とカスタマイズサービス