空前のレトロテントブームというのは間違いないでしょう。以前と比べて新しいお客様が増えてまいりましたので今ここでコットン幕とは何?という話題に素材の観点から触れます。

Q コットン幕って何でできてる?  
A これはご存じの通り天然素材を紡績加工した布地で 発祥古代エジプトで生み出されたとされ パピルス インディアンのティピテント 帆船のセール
人類文化の様々なものに利用されてきた歴史ある素材なのです。 パジャマムーンのテント生地は紡績の町倉敷市に拠点を置く㈱タケヤリとともに共同開発された強撥水コットンを使用しております。

Q コットン幕はなぜかっこいいの?
A 構造やデザインもありますが個人的な意見ではその発色の強さだと思います。書道で和紙にしみこませた墨で描かれた文字は強烈なインパクトを持ちます それと一緒でコットン素材を染色した場合 写真移りの良い
SNS向きの佇まいがそこにあるわけです。 

Q コットン幕の扱いは難しい? 
A はい 正直言うとナイロン素材などと比べて簡単ではないです。以下にコットン幕のデメリットをまとめます

1 水を含むとすっごく重くて やわなポールはボキ折れます 最悪の場合 倒壊なんてことも。。
2 コットン幕は自重が大きい分風の影響を受けやすく 突風に煽られると凧のようにゴートゥースカイになってしまいます 
3 水分を含みやすい分 きちんと乾燥させないとカビます ある程度のかびやにおいでしたら当店のテントクリーニングで治りますが 大切なコットン幕がカビてしまったらテンションがた落ちです
4 ナイロン素材と比べて色落ちはしやすい傾向にあります。理由としては天然素材なのでいまだなお呼吸をしていることが挙げられます なのでヘビーにゴリゴリ使いたい方には向きません。 
大切なキャンプの時にだけという使い方でしたら長い間風合いを楽しむことができるでしょう。 それでもちょくちょく使いたいな!という方には過保護張りがおすすめ。
強い日差しや雨からあなたのコットン幕を守ってくれることでしょう

Q 実際 雨の時どうよ そもそも防水効果があるの?
A ありますよ 

コットンの気孔は水分を含むと膨張し 目地が詰まります。そうすると水分が通り抜けできなくなるんですよね。ですので水がついて最初の段階ではやや水漏れするものの 水がしみてしまえば
防水効果を発揮するといった具合。  ちなみにパジャマムーンのテント生地は強撥水 これからもともとある防水効果に加えてフッ素撥水が加工されダブル効果 安心ですね 

以上 コットン幕のデメリットばかり挙げる愛情のない文章になってしまいましたが コットン幕どこがいいの?という質問については 全部良い!と答えられるほど
素晴らしい世界です。 では メリット行ってみましょう。  

1 誰ともかぶらない自分だけのかっこいいサイトを作れます。
2 コットン幕はナイロン幕と比べて長い歴史を持ちます。なのでバリエーション豊か ただ現存するメーカーは数社しかありませんのでその歴史を研究するのも楽しみの一つ。
3 当時の工場で大切に一幕一幕作られたものなので現在の中国製のものに比べてもはるかに職人の魂がこもっています

長い文章お付き合いありがとうございます。 ここでコットン幕の概要をまとめされていただくと

1 コットン幕は風合いがあってかっこいい!
2 コットン幕は扱いに慣れが必要! 

ということでこういった理由で 世間一般では中級者からトライできる分野であるとされてますが パジャマムーンできちんと知識をつければ初心者でもへっちゃらです。 
めくりめく歴史が生み出した賜物 コットンテントの世界に貴方もどっぷりつかってみませんか?