お電話でのお問い合わせ tel: 054-631-4930(10時〜18時迄)

新着情報とお知らせ

入荷情報レポート – ラクレ 60年代 ヴィンテージロッジ

入荷情報レポート – ラクレ 60年代 ヴィンテージロッジ

摂氏39度という地獄の暑さの中、張ってきました。

雨は降るよりはマシだけど、ここまで行くと命が危ない感じがします。

さぁ気を取り直して入荷したレトロテントのレビュー行きます。

写真1

どーんと横長。なんともヴィンテージラクレらしいどっしりとした風格。
それでいてポップななんとも憎いレトロテント。
ラクレといえばアルミフレームのものがメジャーですが此方はスチール製のフレーム
ずっしり重い分安定感も抜群で、玄人さんの多くはこちらを選択されます。アルミだと踏ん張りが利かずに強風に弱いんですよね。

カーテンはオリジナルのナイロン製(ちょっと残念)。
コットンで作り直してもいいけど、今回はオリジナルを尊重してそのまま出します、、、

写真2

はい。このロゴは60年代のラクレに見られる太陽をあしらった、かっこいいコンパスロゴ。

細かいところまでデザインされています。
メイドインフランスの文字が眩しいっす。

バックのストライプ部分はごわついた薄いデニムのような素材。ますます古着っぽい雰囲気。

 

写真3

サイドにカメラを移動。
ラクレの特徴なのだけどインクが太陽で劣化しやすいため、日のあたる部分が色落ちして、薄オレンジに。新品好きの人にはお勧めしないけどアンティーク好きならこれは味と捕らえられるでしょう。
ちなみに撥水は生きてます。(というか溶剤による撥水じゃないのでコットン自体の貯水性を利用した撥水の意味)

 

写真4

左から跳ね上げつきのウォールには開閉メッシュ製の窓付き。マルシャルとかメサージュとか70年代以前に良く見られる仕様なんだけど、
なんかかっこつけてなくていいでしょ?

 

写真5

そしたらおしり。
バックエントランスが付いてる。これがあると風が吹き抜けて気持ちいいんだよねー
。エントランスとは違いシングルファスナー。

 

写真6

右サイド。此方もメッシュ窓あり。跳ね上げは無いけど たくさん窓のあるテントはやっぱおしゃれだな。特にラクレは女性視点のロッジを多数排出しているので、人気の理由もうなずける。

 

写真7

問題のナイロン。カーテンね、これはこれでいいなぁでも風呂場感が半端ないなww

 

写真8

インナーシート。
年式に反してすきっとさわやかきれいな感じ。奥さんここ大事ですよね?w
4人家族でいい感じかな。ラクレはインナーでリビングが埋まらないので使い勝手も良いんですよ。

 

写真9

最後にフルオープンのエントランス。なんかここでカフェなんかオープンしたらはまりそう!

以上60年代ラクレ、モデル名不明のロッジタイプのご報告を終わります!

キャバノン+薪ストーブ

とてつもなく寒い日々が続きますが

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ここまで寒いとこたつの外へ出ることすら億劫になってしまいがちですが

当ブログでお馴染みのフリィさんより薪ストーブをキャバノンのレトロテントに組み込んだ写真が送られてきました。

無題

 

 

何とまぁ薪ストーブを設置する為にデザインされたようなウッディなカラーリングがしっくり来すぎてます。

16216301_783789278445904_1248001713_n

大人のサイトとはこういうことを言うのでしょうか。

ウイスキーが進んでしまいそうです。

16215661_783797678445064_162026794_n

思い切って生地に穴を開けたそうです。 煙突のアタッチメントはeBAY UK から個人輸入されたものを使用。

 

16237470_784407981717367_1059451136_n

ぬくぬくの室内で寒空の下でも引きこもれる、なんとも見事なレイアウトでありました。