マルシャル シャレー5 復活計画 その一 壁再生

UKで落札したマルシャル シャレー5 日本でも人気の高い1幕だが
落札価格に出品者が驚き こんな汚いテントにその値段は貰えない 4分の一でいいよと
嬉しい気分で購入したものの
届いて納得 壁と、天井に複数の穴。サイドにはフランケン状態の激しい裂けを無理やり治した痕跡
何と言ってもカーテンが欠損(⇐痛恨)。

こりゃ駄目だわと落胆するが これも折角の機会と思い出来る限りのリペアを施した。

現状見事なまでのフランケン状態 これでは幕がかわいそう


裏面

似た生地を調達して貼り付けようと考えたが 
付属していたペグケースがコットン製の同素材で作られていることに気づき 
解体>パッチングを当店専属の職人様に依頼

出来上がったのがこれ(写真やや白いですが)
色抜けの関係で風合いが異なるものの違和感殆ど無し

裏面もほぼ完璧

普通はここまで完璧に仕上げるのはかなりの技術がいると思いますが

当店でお願いしている職人様は日本きっての舞台衣装製作のプロ中のプロです。 

何と力強い味方でしょうか 激しく感謝! 

そしてまだまだ修理は続く。。。。

フレームテントに関するご質問等、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

自分だけのフレームテントを手にいれる場合にはお見積もりが必要です。お見積もりフォームはこちら